FC2ブログ

大工だワッショイ☆

クライスチャーチの大地震。

最初の地震があってから、もうじき3年です。

NZには EQC (Earthquake Comission)という組織があって、
ここが民間と保険会社の間に入って、保険の支給額や大工の段取りなんかを決めています。

予算がなくなりどんどん対応が横柄になってきたEQCとのやりとりに終止符を打ち、
ついに保険金が支払われることになったのが今年の5月

ついに前に進めるのね~っと喜んだのもつかの間…


一難去ってまた一難だったのですよぉ。


修理&リノベーションをお願いするハズだった知り合いの大工さんが、
今請け負っている仕事が忙しすぎて私たちの仕事はいつ出来るか分からないと言ってきたんだす。


がびーん。


さすがに先方も悪いなと思ったのか、お友達の大工さんを紹介してくれたんだけど
彼のプランが納得できなかったので残念ですがお断りしちゃったのだ。

でも我が家は出来るだけ早くバリアフリーにしとかないと、
床の段差でイチローが転んで怪我しちゃうので
早く大工さんを見つけたい~。

と、愚痴っていたらばありがたいことに友達夫婦が彼らの知り合いの大工さんを紹介してくれました。
ホント持つべきものは友達

そんでこの大工さんに家に来てもらって見積もりをお願いしていたのですが…

いつまでたっても返事が来ない(涙)。


なにせ我が家は築100年以上も建つ古民家だからやりたくないのかもねぇ
とがっくり肩を落としていたんですヨ。
このままで来年の冬も越さなきゃいけないのかなーっと青ざめていたんですがっ

ですがっ!

連絡が来たっっっっっっ!!!!

来ましたーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!



見積もりの金額も私達の予想を下回る金額!


今日大工さんと打ち合わせしたんだけどね、
大工さん独特なマッチョ感がなくてものすごく話しやすい人だす。


来年の一月中旬には工事を始められそうだって~。

うれしかー


工事には約3ヶ月程かかるんだそうです。
その間家を空けなくてはいけないので宿を探さなくちゃなんですが、
キャンピングカーを借りて庭で寝てようかなーっとも考え中。

だって猫達が心配なんだもんもん。

家を借りて、そこをストレージ代わりにし
工房に寝泊りってのも有りだなとも思ってマス。

ここまで進んで超うれしいずら~。


でも、同時期に計画しているファーネス(窯)の作り代えは延期にしたほうがよさそうかなぁ。
一度に二つの事が出来ないタイプです(忙しいのは大工さんだども・笑)。
とりあえずポットだけオーダーしとこっと。





にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村

ひゃっほーい♪

ついに!

ついについについに


EQC(Earthquake Commision)から保険のお金が送られてきますよっ!


EQC っていうのは政府の地震対策本部(?)みたいな機関です。
ここが地震の被害の状況を調査したり
保険の査定したりしてるのだ。


ここが査定に基づいて保険の支給額を決め、
その予算内でフレッチャーという政府の出資してる建設会社が修理をするという流れだべし。


地震が起きてから、このバカチン EQC は被害の少ないお家から修理し始めました。(簡単に修理が終わるので、公にたくさんのお家を修理したんだどーって報告するのに有利と考えた感あり)、
しかも無計画(としか思えん)に被害が少ないのにお金をじゃんじゃかあげすぎた。


さて、後回しにされた被害の大きいお宅。
被害が大きいから保険金額も大きいデショ。
しかも被害の大きなお宅の多数は高級住宅地にあったりなんかして。

EQC はどうやら

「支払う金ないぞ、困ったな」

っと思ってるかどうかは私の想像ですが、
まだたくさんのお宅が進展もないまま、壊れた家に住んでいる状況なんです。ヒドイヨネー。



我が家はプライオリティ・ハブと呼ばれる
優先順位を先にしてもらえる部署にまわしてもらっていたのと
高級住宅地に住んでいないって事と(たぶん・笑)
イチローががんばって担当者を急かした甲斐があって
やっと進展したのであった☆



私たちは家の修理だけじゃなくてリノベーションも兼ねた工事をするので
知り合いの大工さんにお願いする事にしました。
フレッチャーに登録してる大工さんなので許可がおりたの。




ワタシがなんちゃってアーキテクトになって作成した図面を見ながら
最近大工さんとミーティング。


バスルームの場所や玄関の場所を変える等、結構間取りが変わりマス。

なので役所に許可申請しなくちゃいけないので
それが受理されるまでは工事はお預けなのだす。

3ヶ月くらいは待たないといけないのかなー?
まだもうちょっとの辛抱だね。



でもイチローもワタシも一安心。

来年は隙間の開いてない家で暖かく冬を越せるぞー♪ うれしかー


ファイナル・アセスメント

昨日やっとこさの事で我が家のEQC (Earthquake Commition)の最終査定が行われました。

地震のダメージのおさらいって感じですな。
そんでこれから支給される保険の金額が決まるという段取りなのです。

妥当な金額が支給されないと合意するつもりないから裁判とかになっちゃうかも~。
そうなったら嫌だなぁ。さてどうなることやら。


お金が支給されたら、プロにリノベーション用の図面を描いてもらって
大工さんと相談しながら工事開始だす。

EQCから支給される保険の金額だけではリノベーションまではまかなえないので
自腹もきらなくてはいけましぇん。
ますます貧乏になる~。
がんばって稼がなきゃです。おいっす。




最近ぼちぼちにワインが飲みたくなってきたw。

今はまだ痛み止めの薬飲んでいるので、薬をやめたら飲み始めようと楽しみにしております。
つまみはバッファロー・モッツアレラとトマトにしようかな~。
天気のいい日の庭で飲みたいな。むふふ。

くるりんぱ

ごろりん


chibita


くるっ


chibita


りんぱっ!!


chibita



夏になって活動的なちび太。

自分の部屋に籠もるのは退屈で、
天敵BJが和んでいるかもしれないリビングにも探検に出てくるようになりました。

この調子でリビングで他の子達と一緒に和むことが出来るようになれば
イチローもワタシも一安心なんだけどな。

でもなぜかキッチンは怖くないみたい。
キッチンにだってBJがいる確立は高いのにさー。ナンデナンダロ??



さて、家の修理の間
EQC (Earthquake commision・地震対策本部みたいなモン)は
保険で保障するので私達に貸家かモーテルにでも住んでいてもらいたいらしい。
それは粉塵とかで私たちの健康を害したくないという理由。
おそらく訴えられたりしたくないからなんだろうね。


「猫がいるからどこにもいかないよ」


って言ったら、「猫を猫ホテルに預けるお金も出ますよ」ですと。ほほー。


「でも5匹もいるんだよ」


って言ったら、びっくりしてましたが(笑)、5匹分のお金も保証してくれるんだって。


とはいえやっぱり何ヶ月も猫ホテル住まいはかわいそうだから、
貸家(見つかれば)を借りてストレージ代わりに使って
私達は猫たちと一緒に家に留まると思われます。

しかし、問題はちび太。

皆と仲良く出来てない彼は、工事というストレスフルな状況に対応出来るのかしらん。
特に、ちびの部屋を工事中の間
彼の居場所は???

とりあえずちび太には工房に住んでもらおうかなと考えてはいるが、
最悪の場合は猫ホテル住まいになっちゃうかなー。
工房好きだから、たぶん大丈夫と思うけど
心配ですなぁ。


地震は本当に嫌なイベントだったけど
地震があったからちび太と会えたのよねー
運命って複雑~。




フォーカスフォーカス

忙しいとすぐに現実逃避に走ってしまう私。

コンナ時間にブログ更新してどーする(シゴトシロー)。



ワタシの頭が泳いでいるのは、家の修理の心配もしなくちゃいけないからなのだ。

EQC (地震対策本部みたいなの)からはまだ返事はきてないんだすが、
エンジニアのレポートが提出されたら最後のアセスメントがなされ、
修理費の見積もりが出て、それに合意出来たら工事はスタートされるんです。
年内にはスタートする予定ではあるんだっちゃ。

早く工事始まらないかなーっと思いながら考えてみると、
修理と一緒にリノベーションもするから、
それにむけて申請しとかなきゃいけない書類とか
新しく発注するドアや窓はどこに注文するのか?とか
窓の配置や大きさなんかもファイナライズさせとかないといけないし
事前に準備する事がいっぱいあるやんけ。


ぎょぎょー☆

こんな時は慌てずフォーカスしなきゃいけないんでしょうが
今、ワタシの頭は宇宙遊泳中どす。




NIGI



にぎの髭、長くね?



NIGI



立派☆素敵~

プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

月別アーカイブ

インスタグラム


instagram


いらっしゃいませ~

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード