アナラ・ベイ へ レッツラゴー!

さてさて、ついに目的地へ到着予定の日でがんすよ~。


美しきビーチにレッツラゴーなのですが

とほほ、朝から雨です


今日は山越えをしなくちゃいけないというのに~。


こんな日は、もれなくイチローの運転ですら。

この山道は結構くねくね。イチローもいつになく真剣なまなざしだ。
雨のせいで緊張感も倍増だよ。

やっとの事で平らな道へ出られた時には、緊張のせいでお腹もグーグーだす。


今日のランチは Wairoa という小さな町で食べることに決定~。

この町はギャングの町とよばれてるらしく、多くのギャング・メンバーがすんでるそうです。怖っ。
でも昼の町には怖そうな人は一人もいませんでしたヨ。
怪しそうな人はチラホラいたけど(笑)。

さて、町の中で一番いけてそうなカフェへ。

こういう小さい町だと、ミート・パイやソーセージ・ロールやらの
いかにも太りそうなNZのトラディショナル系フードしかないだろうなって思ってたんですよ。

しかし
しかーし!

なんと巻き寿司発見

ガラスのケースの中には長ーいままの寿司が米俵のように重なりあっていた。

前日ステーキ食べてたせいもあり、あっさり系のランチが食べたかった私はむっちゃ感激~。


寿司を注文して、オーナーに

「まさかワイロアで寿司が食べれるとは思ってなかったよ。すごーい」
って話しかけたら、

「今はマシーンで寿司が巻けるんだよ」
とのお返事。

マシーン?!と思ってびっくりしてるまもなく

オーナーは長ーい巻き寿司を皿の上に

ドン

そしてその横に、わさびを
まるでマッシュ・ポテトをサーブするかのように

ドン

びっくりしている私とイチローを横目に

当たり前のように、ナイフをつけてくれました。

CUT YOUR OWN SUSHI

CYO !!!


NZ

食べる前に写真撮っときゃ良かったな。わさびの量をおみせしたかった。

もれなくぜんぜん辛くなかったのでほとんど醤油の中へ消えてしまいますた~。


しかし
どう考えてもマシーンを買ってまで寿司を巻いてるとは思えない・・・



なんだかこの寿司がこの日のメイン・トピックになってしまいそうですが、
この後ギズボーンへ寄り、

nz
ギズボーンの入り口

そこから30分くらいで

ついにアナラ・ベイに到着ですよー。
(実はちょっと迷ったんだけど)


バースデー・ガールのクリスティーンや彼女のファミリー、そして共通のお友達と久々の再会です。

とおくはアイルランドからこの日のためにやって来た人も。
イギリスからDJも呼び、明日のパーティーに控える面々。


クリスティーンが借りてくれた素敵な2階建てのコテージには
ベッド・ルームが7つあり、
遠方からやってきた(私達も含む)ゲストに優先的に与えられました。

北島からの人たちはもれなく敷地内&近くのキャンピング・グラウンドでキャンプです。



晩御飯はピザを焼いてもらって、おつまみ的なフードをつまみながら
庭でプチ・パーティー。

知らない面々とお知り合いになるべく、自己紹介しまくってたんですが

なにせ人数が多いので名前がさっぱり覚えられない・・・

とりあえず、仲良くなった人達の名前は翌日忘れないように(お酒入ってるしね)
寝る前にメモっときました。


あしたは泳ぐぞー!!

スポンサーサイト

Trackback

Comment

お帰りお帰り。旅の様子を一気に拝見ー。遠い所よくがんばったねー。運転中にイチャモンつけられるのは、もちろん爆発して当たり前!でも、喧嘩するほど仲がいい!

バレンタインのお花はうれしいよね。今年はなんと!マイマイもお花をつんで、朝ベットにもってきてくれた!雪がふる~。

それにしても、キレイに巻かれたお寿司ね。私もマシーンほしいな。
  • 2010-02-19│15:14 |
  • country life URL
  • [edit]
CLちゃん
マイマイとイチローは思考が似てるとこあると思うなー。
正確は全然違うのにね。

こんな小さな町で寿司が食べられて、超うれしかったぜ。
こういう発見が楽しいんだよねー、旅って♪
  • 2010-02-20│18:58 |
  • なると URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

最新トラックバック

いらっしゃいませ~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード