防災を再考だす

今回の熊本・大分の地震、被災している方々に思いをはせると同時に
自分が被災した時の事が再び頭に蘇ります。


幸い家族(イチローと猫達)も友達も無事でしたが、
家は半壊、
雨水を沸かして飲んでみたり
庭に穴掘ってトイレにしたりと
非日常的な暮らしをしていたなー、と。


我が家は最初の2010年9月の地震で
レンガの煙突が崩れ落ち
キッチンの天窓を突き破って落下。
壊れた天井をつっかえ棒で支えながら
修理を待っていた翌年の2011年に
あの大勢の犠牲者を出した2度目の大地震に見舞われたのでした。


あの日はイチローと一緒にキッチンでランチを作っていたのだす。

あの恐ろしく激しい揺れはモチロン忘れないけど、
もっと覚えている事はつっかえ棒の事。

この棒が外れたら天井が崩れ落ちてくる、って必死に抑えていた事が忘れられないっスよ。



earthquake
これがその棒



9月の地震の後、防災に備えるべきだったのに
何もしていなかった呑気な私達。

備えの水は無いし、携帯の充電は雀の涙だし、携帯式のラジオも無いから車でラジオを聞いてたなぁ。



5年経った今の私達、どんな備えをしてあるか再考してみる。(`・ω・´)キリッ

...

....

進歩があまり見られない ○| ̄|_



災害に備えて心がけてた事は


* 車のガソリンをいつも半分以上入れとく
* 電話線だけでかけられる電話買った
* キャットフードは多めに買っておく


これだけ (-.-;)


水はね、
近所に湧き水が湧いているビューティーサロンがあって、
そこで分けてもらえるんだす(被災した際大変お世話になりました)。



swan lake
ありがたい湧き水。ここから自由に汲んでオッケーなのです。



それで安心しちゃってましたが、
その水を入れるべき入れ物がありませんがな~。
2ℓのジュースのボトルをいくつか取っておかなくちゃ。


食べ物は、お米や麺類、缶詰、インスタントラーメン等が常備されてるので大丈夫。
調理はポータブルのガスコンロで。
被災してた時も食事は困らなかったなー。
流石食いしん坊、買い置きは充実してマス。 ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

ガスボトルの在庫もあるから、これはクリアですね(`・ω・´)キリッ


建て直し前の我が家は築100年位の古民家。
あの家が半壊で済んだのは、屋根だけ新しくしていたからなのです。
屋根が家をワンピースに保ってくれていたんだと
大工さんが語っていたぞ(平屋なんでね、二階建てだったらダメだったでしょう)。


あの家で大丈夫だったとこみると、
今の家も全壊する事はないだろうなと思うんだけど、
一応食料は工房にも置いておいた方がいいのでしょうね。


あと暖炉があるので、冬に被災しても暖は取れるので
これも安心だす。


最後に考える一番大切な事。

どうやって避難するか。


9月の時は揺れてる間、布団に潜ってた(これは今考えると危ないよ~)。
2月の時はキッチンでつっかえ棒を支えてた。

2月の時は揺れが激しすぎて立っているのがやっとって感じだったデス。


今は、イチローの体の不自由度が上がってるので
真面目にどうするか考えなくちゃ。
夜寝てるときに地震が起きたら困るわ~。

ビール腹が大きくなってはいるものの、まだ私がおんぶ出来る重さだから
おぶって外に出て車に乗せちゃえばいいか。

昼間だったら車椅子ごと外に避難。

お隣さんにはハーレー乗りの強面のおじさんがいるから
万が一イチローの移動に困ったらお隣さんに助けてもらおう。


そして猫達。

前回の地震の時と同じで、自分の身は自分で守ってもらうつもりです。
薄情な様に聞こえるかもしれないけど、そうではないのです。
NZの常識で外出自由飼いをしてるので、彼らは安全な場所を知っている。

NZには原発無いし、我が家は海から離れているから津波の心配も無いと思うし。
私があたふたするよりよっぽど安全だと思うのだ。
実際あの大地震の時、彼らは身を守ってくれていました。

もちろん心配で死にそうになるけど
これが彼らにとって最善だと思ってます。



cats
被災してうちに迷い込んだ日のちび太。どこから来たか分からないけれど、自分の身を自分で守ったたくましい男☆



ただマイクロチップは必須かな。
やんちゃな男子チームにはすでに装着済だけど、女子チームはまだなので
女子にも入れるぞい。


では確認~。


* 水を入れる容器を取っておく
* 缶詰を工房に置いとく
* ニギとBJにマイクロチップ入れる
* ベッドサイドに貴重品の入ったバッグを置いとく

こんなもん?

あとはイチローをおんぶして避難訓練でもしときますかな。



ちなみに被災した時に雨水を飲んだのは
水が無かったからではなくて私たちのユーモアどす(笑)

野外キャンプをしてると思えば半壊した家でもテントより立派だよねー。
それならせっかくだからサバイバル訓練で雨水飲んでみようよっ
って事になったの。

雨水沸かして飲んでみたんですが・・・
まずかったです。あは 


でも私達流のくだらないユーモアのお陰で
心配で不安で怖い気持ちが心にたまらずに済みました。


震災は起こって欲しくはないけれど、
こればっかりはどうなるか誰にもわからない。


気持ちだけはいつも強くいられるように
心の準備をしておくのも大切ですね。


とはいえ全ては家が全壊してない、そして命があるということが前提での話し。

究極のワーストシナリオは、やはり怖すぎて出来ませんでした。



熊本と大分、そして地震に影響された全ての方々に心穏やかな日々が早く戻ります様に。






にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
そうでした。
ニュージーランドは大きな地震があったんですよね。

私は子供の頃から大きな地震が来ると脅かされ続けた地域に育ちましたが、それでも来ない地震に子供達が大きくなってからは備えも手薄になってしまっていました。

東日本大震災で震災後電気に買い物にと不便な生活を強いられてからは食料やニャンズの物を必ず蓄えておくようにしています。

今も震災で不便な思いをされていらっしゃる方々が少しでも早く安心して生活出来るようになってほしいと思います。
  • 2016-04-21│15:50 |
  • 招き猫だるま URL
  • [edit]
No title
なるとさんも大きな地震に遭遇されたのですね。
ならば防災は万全。。。。
時が過ぎると油断しますね、私も同じです。
でも、猫達のことはいつも頭にありますよン^^
猫あっての私なんで^^;猫ご飯とトイレ砂と飲み水は半月分は備蓄
もう、2度と阪神大震災の繰り返しはできません。
居住地域、海外となると環境が違ってきますから
備えも変わって当然です。
猫ちゃん達もそうだと思います。
なるとさんの守るべきはイチローさん。
その時、は個々で守らないと誰も守ってくれませんもの。
命あればこそ、頼ったり、頼られたり
しかし、つっかえ棒、すごい!
命の棒ですね。
  • 2016-04-21│21:11 |
  • だっちゅ URL
  • [edit]
Re: 招き猫だるまさん
ここ数年に世界的に大地震が頻繁に起きすぎてて本当に怖いです。
地球は大丈夫なんでしょうか。

ここクライストチャーチもそうなんですが、東北もまだ復興した訳ではないんですよね。
ともかく早く九州の余震が収まる事を願ってやみません。
  • 2016-04-21│21:41 |
  • なると URL│
  • [edit]
Re: だっちゅさん
家が壊れさえしなければ、何とか乗り越える自信は前回の地震からの経験でつきました^^
何は無くても猫の御飯と私のトイレットペーパーは備蓄してます(お腹ゆるいんです(^^;)
外出自由飼いの利点としては、彼らはネズミとか狩慣れてるので自給自足が出来るって点でしょうか…
でももしもお昼に地震が起きて、強制避難になって、でも猫達が外から帰って来なかったらとか考えると心配で死にそうです(´;ω;`)
ともかく避難訓練は猫も含めてしといた方がいいですね。
言う事聞いてくれなさそうだけど。
  • 2016-04-21│21:53 |
  • なると URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

最新トラックバック

いらっしゃいませ~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード