最終日

吹きガラスの実働最終日。

一体どんな作業をしていたか知りたいですかい?
いや、知りたくなくても教えちゃう(笑)。がんばって写真撮ったんだもーん。



まずランチ前くらいまでガラスの塊を作りマス。



glass



これを次回の吹きガラスが始まったらファーネス(窯)に入れて溶かして再利用するのだ。

塊にしといた方が、低温で溶かしても泡が発生しにくいのです。
でもこれは余裕があったら作る程度。
次なる作業がメインとなるのだす。



バケツに水を用意。



work
火傷の危険がある為、ちび太クンはこの後強制退去させましたw


パイプにガラスをギャザーして



work



水の入ったバケツにイン!



work



ちなみに、オレンジ色のガラスを使ってるわけじゃないですヨ。
1100度に暖められてたガラスなので、あ・ち・ち・あち♪でオレンジに見えるだけ。


そんなに熱いガラスを入れてるので、
同じ作業を2~3回繰り返すうちに…



work



水もあっという間に沸騰してしまいます。

こうなったら取替え時、お湯を捨ててガラスを別容器に確保し、
これまた次回の吹きの時に再利用するのです。




ね、ピュア肉体労働。

前回この作業は楽しくも何ともないと言ったけど、
それはちょと正しくないかも。

作業自体は単純で楽しくないけど、
力使って体を動かしてると、アドレナリンがぎゅいんぎゅいん噴出されてきて
とってもいい気持ちになってくるんです。マジデ。

そんで最後にはいい感じでへとへとに疲れて


「あ~、実働終了。お疲れ様ワタシ☆」

って心から思える。

シャワー浴びてビール飲んで、くたくただけどすでに次回の吹きガラスが待ち遠しい気分になれるのです。
1人でテンション上がる。わはは。




ともかく、お疲れ様ワタシ。

これまた楽しい“ゆとり期間”がやってくるぞー。








にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

最新トラックバック

いらっしゃいませ~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード