やけど

グラス・ブロウワー(吹きガラス作家)は集まると火傷自慢をしがちです。
やっぱり火傷とは切っても切れない職業だからでしょうな。

そう言うとさぞかし危険な仕事だと思われちゃいそうだすが、ほとんどの場合


「うっかり」


が原因なんデスよ(ワタシのリサーチによると)。
少なくともワタシの場合は、もれなく「うっかり」か「ボケッとして」だすわ。


以前「うっかり」してて前髪に火が付き、おでこを火傷した事がありました。
早朝寝ぼけながら機材に点火して、手順を間違ったのが原因。
むっちゃびっくりしましたよー。
大急ぎで洗面台で水かぶって消火致しました。

でも火傷よりも前髪が無くなってしまった事の方がショックだったっちゃ。





さて、今回実働し始めて一ヶ月経ちました。お疲れレベルは富士山級です。

こんな時こそ火傷注意報なんですが、
注意する前に早速やってしまいましたぜ。

よりにもよって


(爆)


序冷機の火を止める時に「うっかり」と鼻を機材にくっつけてしまいましたのだ。

火傷するのは結構平気だけど、さすがに顔の中心は嫌じゃ~。
ワタシのかわいいシュウマイの様な鼻に、グリーン・ピースが乗ったような趣になってしまいましたヨ。


自宅勤務だから普段引きこもりのような生活を送っているのに
こんな時に限って来客が来たり、用事が出来て出かけたりするんですよねー。

だけど誰からも何も言われなかったずら。

気を使ってくれたのかな?とも思ったけど
誰も鼻に視線を移す事もしなかったから
自分が思ってるほど人はワタシの顔を見てる訳じゃないのねって感じだすかな。
それはそれでちょっぴり寂しい乙女心。


イチローには「鼻に何か付いてるよ」って言われたけど
それってボケでっか?




今はかさぶたになっている状態デス。
なんとなくでっかいソバカスに見えなくもない。
かさぶた取れてテカるのだけは避けたいぞー。


その後イチローは、ワタシが鼻を再び焼かないように
機材に一工夫してくれました。あんがと。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

最新トラックバック

いらっしゃいませ~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード