ぶりすべべんべん ☆ その五

買い物とグルメがメインのこの旅ですが、
実はこの日がワタシにとってはビッグ・イベントだったりして。

むふふ。


Australia Zoo に行って来たダヨ♪


CRIKEY!


brisbane


ここはクロコダイル・ハンターことスティーボこと故スティーブ・アーウィン氏のファミリーが所有する動物園。
ワタシは大のアニマル・プラネット好きなので、
スティーボの番組山ほど見てたんです。熟女だけど。ポッ



オーストラリア・ズーはブリスベン市内から車で約1時間。
電車でいくとなんと3時間もかかるっていうから、レンタカーを借りてドライブだびょーん☆

行きは私が運転して、帰りはAちゃんが運転の交代制をとる。


brisbane
田舎道はNZと似てるね~。



到着したらばタイミング良くもうじきショーが始まるよってんで
まずはCrocoseumと呼ばれてるスタジアムに直行じゃ。


まっすぐ向かおうと思ったけど、途中でコアラがいたので足を止める。


brisbane
らぶりー


ワタシ、オーストラリアの動物大好きだぁ。

ほのぼのしながら建物の中に入ると、これまた丁度良くコアラと記念撮影が行われてるぞっ。


もれなく参加


brisbane
か~わ~い~


このコアラちゃん、むっちゃおとなしくて良い子。
人好きな子が選ばれてるんでしょうねー。
ここでは動物が疲れないように、時間制で動物が変わります。
コアラの後はへびだった(笑)。


スタジアムについてもコアラの手触りが忘れられな~い。もふもふ。


さて、ショーの始まりは鳥さん達。
おりこうさんな鳥さん達が自由に上空を舞い上がり、観客を巻き込んだエンターテインメントも行われました。
あまりの見事さに目頭が熱くなる。涙もろいお年頃なの。

鳥さんも素敵ですが、なんといっても目玉はクロコダイルだべさ!



brisbane
がぶーっ

brisbane
がおーっっ!!


とっても見ごたえのあるショーでございました。


さあ、もっと動物見に行くでー。



brisbane


こいつらはワラビーでしょうか?カンガルーにしては小さいけど、違いがイマイチ分からない。


brisbane


側に寄ってもぜんぜん怖がらない。
餌もあげられるので、むしろ人に寄って来るガルー達。
もれなくなでなでしました。


brisbane


ワタシの大好きなウォンバットだがや!

昼過ぎは寝てるもんだとばっかり思ってたけど、
ここのウォンバットは活動的だった。
穴掘ったり、追いかけっこしたり、あ~一日中見てても飽きない~。

タスマニアン・デビルもいたけど、ぐるぐる走ってばっかで写真とれませんでした。


動物園って動物愛護家の間では賛否両論ですが、
動物がゆったり出来るスペースを与えてあげてて、ケアが行き届いていたらば
別に動物は不幸じゃないとワタシは思うのだがのう。
ここの動物達はみんなハッピーそうだったよ。あんなに動き回ってるウォンバット見たの始めて。



brisbane
素敵なモザイクがあったズラ



てくてく歩いてくと、またまたタイミング良く
今度は象さんの餌付けタイムだす!

ひょーっ。

もちろんもれなく参加(笑)。



brisbane



象さんの鼻はむにゅっっとしててべちょっとしてた。


くまなく見て回ってたら、夕方になってしまいました。

ここでの収穫。


brisbane
この模様なんだと思いまっか?


むふふ、これはコアラの足跡なんだすよ。
きゃわゆ~い

ネックレス、ペンダントヘッド、ピアスと3種類から選べます。

ワタシが買ったのはペンダントヘッドだけで、手持ちのチェーンに淡水真珠をプラスしてネックレスにしてみました。


コアラの他にもカンガルー、ウォンバット、エリマキトカゲ等いろんな動物の足跡があったデヨ。
すごく悩んだ末にコアラに決めました。
どれも個性的でワタシのハートをワシ掴みどしたぜ。はふ~


動物園でもいっぱい歩いたなぁ。
健康ってスバラシイ。






4日目のこの日。
ブリスベンにて最後の晩餐だべよ。
そんな最終日のディナーに選ばれたのはここっ


brisbane


お皿に見覚えありますか?

そう、前日行った Wagaya へリピートしてしまいました(笑)。


だってメニューの数が半端ないんだもん。前日は時間なかったからあんまりオーダー出来なかったので
リベンジだっちゃー♪


brisbane

brisbane brisbane


全部の写真は食べるのに夢中で撮れませんでした。

こんなレストランがクライストチャーチにもあったらなー。
イチローにも食べさせてあげたかったべさ。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

最新トラックバック

いらっしゃいませ~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード