アート・ナイト

画家のお友達からおもしろいイベントに誘われました。

その名も「Dr.Sketchy!」。

どんなイベントかと言うと、その名の通りスケッチするのがメイン。
ステージにいるちょっと露出度の高いモデルさん達がテーマにそってポーズをとり、
時間制限付きで彼らをクイック・スケッチする、というものらしいっす。

お絵かき好きには興味津々のイベントですじゃ。

しかし、楽しそうな企画って重なるもんで
別の友達に、沖縄の三線のライブ&ペインティングのコラボレーション

「Painting Live To Music」

という、なんとも興味深いイベントに誘われちゃった。

なんで同じ日なんだよ~って感じですが、
やっぱり日本人としては日本絡みのイベントに行くべきかと思い、
イチローは Dr.Sketchy! に、ワタシは三線のライブに行く事にする。


が、


当日。
ワタシは友人からまさかのドタキャンをくらいました…

びっくり。
誘っといて当日ドタキャンですかい?

何度も言うけど誘ったのアンタやんけ~~~!(涙)

さすがキウイ女史、ワタシを振り回すのが得意だな。脱力。


それじゃーDr.Sketchy!に行こうかとも思ったけど、
今からチケット買うのも面倒くさいし(こちら前売りチケット制)
三線とペインティングのコラボはやっぱり見たいので
一人で行ってくる事にしました。

他の友達誘うって手もあったんですが、急に誘っても皆忙しいだろし
ドタキャンくらった後に再びリジェクションくらうと、流石に淋しい気分になりそうだったから止めた(笑)。


さてさて、会場に到着すると
たくさんの日本人と親日家と思われるキウイの人々が。
無料イベントのおかげか、観客の年齢層はちびっ子からお年寄りまでと幅が広い。

まずは画伯登場。
72歳だという彼は、数々の賞を受賞されている方で
現在は平和運動の活動家でもあるそうです。

沖縄フォーク・ミュージシャンのご夫婦、
こちらも国際的に活躍されている実力派。
彼らのライブ・ミュージックを聴き、画伯がインスパイアされたところで
ステージ上に設置してあるキャンバスに絵を描き始める、っていう企画です。

ほのぼのした雰囲気で、ショーは始まりました。




感想をいうとですね、


すびばせん。
ワタクシ、睡魔に襲われてしまいました(爆)…



このショーの構成、恐らくシニアの方たち向けだったんじゃないかなー、と思うんですヨ。
もしくはワタシと波長が合わなかったか。

実力も人柄もすばらしい方たちで、
ほんわかした気分にはさせて頂いたのですが
ワタシ的にはもう少し尖がったEdgeな感じとかスピード感とかが欲しかったかなぁ。

同じ企画でアーティストが30代くらいだったら
また違った趣があったかもしれないですな。



Dr.Sketchy!に行けば良かったかなぁ~。



などという思いが頭に広がっていたその時、

イチロー君はというと



「三線のショーに行けば良かったかなぁ~」



と思っていたそうな(笑)。

というのも、一緒に行った友達&彼の友人達はみんなプロの絵描きさんなので
彼らのスケッチと自分のスケッチの差に
ちょっと凹んでしまったんだって。クラベチャアカンガナー。
スケッチよりも、その後の飲み会のが楽しかったって。あはは

次回はワタシも一緒に行くから、ヘタっぴぃが2人に増えたら彼も心強いことだろうてw。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

最新トラックバック

いらっしゃいませ~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード