あなたならどうする?

いやはや、歳ですなぁ。

がんばって大き目の作品作ってたら、筋肉がトホホ状態になってしまいました。
無理して肩とか壊すのもバカバカしいので1週間ブレイクを取る事にしちゃったもんね。

お休みするからといって、高温の釜の火を急に消すと釜に悪いから火は付けっぱなしなのです。弱火だけど。
なので無駄金(ガス代)が飛んでいくのデスよ。これまたトホホです。
休み明けは効率よく働かなければ(汗)。




お休みなので今週のシェフはワタシ。
スーパーに行って今週のメニューを考えることにしました。
そして買い物も終盤、それなりのお買い物がのったカートを押しながらワインを選んでいたらば

「すみませんが、あなたに質問をしてもよいですか?」

と、18か19歳くらいの男子が話しかけて来るではないですかい。

この男子、見たところブラジルとかスペインとか中東とかどこか熱くて遠い国出身みたいな感じ。
語学学校の生徒かな?


どうしたの?と聞いてみたらば、手にはここのスーパーの商品券を握っております。

「実は友達にお金を貸したらば、この商品券で返済されたんです。でもこんなにいっぱいあって、ボクはどうしていいのか困っちゃってるんですが、あなたのお買い物をこの券で払うので、その分の現金を後でボクにくれないでしょうか?」

見せてくれた商品券は総額$500くらいするんじゃないだろうか。
とにかくすごいいっぱい持ってたんですよ。


さて、あなたならどうする?


ワタシはまず一等最初に「ウサンクサイ」という言葉が浮かんだんだす。
というのもその商品券の数が多すぎなんだもん。
それって「盗品」なんじゃないのかと思ったずら。

でもこの子すごく困った顔してるし、別に私が損をすることは無いわけなんだけど
やっぱり「ウサンクサイ」~。

だいたい彼から金を借りたというその友達は、なんでそんな大量の商品券を持っていたわけなのだ???
スーパーの店長の息子か???
あまりに不自然。
もしも盗品だったらさ、私が協力する事は盗みを助長することになっちゃうよね。
それは嫌。

仮にこの子が言う事が本当だとしても
世間の厳しさ学んだ方がいいかもな、若造よ。なんつって。
自分の食費に使えばいいじゃん、この先何ヶ月ステイするかは知らないけどさ。
などなど考え、


「ごめんね、ワタシは助けてあげられないよ」

と言った。

したらば、もう一回説明をし始めるので

「いやいや、君の言ってる事は理解してるんだよ。でもごめんね、ダメです」

と言ったらば引き下がってくれました。

でもそれを見ていた彼の後ろに居た友達が

「Are you sure???」ってこの子に言ってたけど
どういう意味やねん。
もっと説得しろやって意味かな?


金券屋に売れば?って言えばよかったかなとも思ったが、
盗品かもしれないからやめました。



こっちに住み始めて3年くらいたった頃、似たような経験をしたことがある。
その時は、シティを歩いてて10歳くらいの男の子に声をかけられたのだす。

彼はバスで家に帰るつもりなのに、お財布を忘れてしまったそうで
お金がなくて帰れない、$2ちょうだいと言った。


あなたならどうする?


$2だから、あげてもぜんぜんワタシの財布は傷まないけど
こいつ嘘ついてんじゃないかなとワタシの直感が言いました。

でも本当にお金がなくて帰れないのならかわいそうだもんねー。
考えたあげく、

「ごめんね、これしか小銭がないの」って50セントあげました(本当は$2持ってたケド)。

そしたらこのガキ、「これっぽっちかよ」って顔した。
ショボイ顔して「Thank you」って言ってどっか行っちゃったけど
その後マクドナルドに入って行くのをワタシは見たぞ(怒)!

「おまわりさんに相談しておいで」って言うのが正解だったんだろうなと後で思いマシタ。



書いてるうちにまた違うの思い出したっちゃ。

それはワタシが近所に晩御飯のテイク・アウトを買いに出かけたときじゃった(なんか昔話風になってきたゾ)。

どこからともなく12~3歳くらいの子供が現れて
やたらフレンドリーに話しかけながら付いて来るのじゃ。

「どこへいくの?なにを買いに行くの?」

ってやたら聞きながら、でも彼の話口調は大人に対するもんじゃないのだら。


ワタシの野生の勘が言いました。
「こいつは男子としてのチャームを利用して、私になにか奢らせようとしてるんじゃなかとか?」


なんだか腹が立っちゃったワタシは彼に言ったのだ
「あんたね、あたしに何か買わせようとしてるでショ」

ガキンチョはちょっとバツが悪そうに「Yes」と言った。

「ワタシはあんたと知り合いでもないのに、何でなにか買ってあげなきゃいけないの?」
と質問したら、やっぱり相手は子供ですな
しどろもどろしてきた。

ワタシはかなりご立腹だったので
弾丸のごとくガキンチョに説教を始めましたヨ。

「だいたいあんた、すごいフレンドリーに話しかけて来てるけど、ワタシのこといくつだと思ってるんだよ。あたし42歳だよ。あんたのお母さんと同い年くらいなんじゃないの?一体君は何をしてるんだよ、どこの学校行ってるのさ」

ワタシが42だと聞いた彼は絶句。
もう大慌てで「あ、ボクもう行かなくちゃ・・・バ、バ~イ」と言って去って行きおったがじゃ。

ワタシのこと幼児愛好家と思ってチャーム使ったわけじゃなかったのがせめてもの救い。
それにしても一体いくつだと思ったんだろ。
若く見られるのはうれしいけど、子供と思われるのは心外ぢゃ。




そんなこんなの体験のせいで、
素直に同情できない体になってしまいました。

今日スーパーで会った青年は、本当に困っていたのかなぁ。
ワタシは意地悪なんでしょうか。

でも困ったからって見ず知らずの人から簡単にお金の助けを得ようと思うのって
普通の感覚ではないと思ってしまうま。


あなたならどうする?
スポンサーサイト

Trackback

Comment

商品券のやつはなるとちゃん正解だったと思うよ。
だって盗品とか偽造とかだったら、なるとちゃんにも何らかの罪が科せられるんじゃね?!
あと2ドルって言ってくる輩はメルボルンでもたくさんいますよ。
アタシはいつも小銭はねぇ!とはねのけます。働かずに簡単に稼ごうなんて思っているのは間違っているとアタシは思う。
  • 2011-11-14│23:36 |
  • naonyan URL│
  • [edit]
一番最初の商品券のやつは私でもお断りですね(言葉が通じると仮定して)
スキャンしてプリントアウトってこともありそうだし・・・

しかし、そういう子供って結構いるのね・・・
バス代貸しては引っかかりそう~
  • 2011-11-15│02:07 |
  • ししゅうねこ URL│
  • [edit]
naonyanさん
メルボルンは都会だからこういう面倒くさい奴らがたくさんいそうだね~。
ワタシはどっちかっていうとぼったくられ易い体質なので、もう自動的になんでもウサンクサイと思うようにしてマス。
子供にだからこそ厳しくしとかないといけないような気もするずら。
  • 2011-11-15│16:03 |
  • なると URL│
  • [edit]
ししゅうねこさん
頭ではこれでいいんだって思っても、困ってる人をムゲにしたって感じで後味が悪いのです~(小市民~)。
今度聞かれたら「手数料とるぞ」って言っちゃおうかなw。
  • 2011-11-15│16:10 |
  • なると URL│
  • [edit]
こんにちは!
日本ではあまりないけど 悩みますよね・・困りますよね・・・・・
私もたぶん断るだろうなぁ~
断った後もずーと気になると思うけど・・・v-290
  • 2011-11-15│17:35 |
  • クレラルン URL│
  • [edit]
困りますなぁ。。。
なるとさん、こんにちは!どのケースも直面したら困りますねぇ。。。お断りすると、こっちが悪いことしたみたいな気持ちになるのが、またまた厄介だしね。でも、過去のケースも、今回の商品券の彼も、なるとさんの対応で良かったと私は思いますぅ。彼は友達に商品券を渡された時点で断らずに、受け取ってしまっているんだしねぇ。・・・昔、東京に出てきたばかりの頃、駅で知らない女性に「財布を落としてしまい帰れないので電車賃1000円貸して欲しい。必ずお返しします」と言われ、素直に1000円と名刺を渡したの。会社の人には「悪い人もいるから」と、注意されたけど、数日後に、お礼と一緒に1000円とテレホンカードが会社に送られてきたの。その時は感動したよi-189良い人だったんだべしねi-264
  • 2011-11-15│20:41 |
  • URL│
  • [edit]
こういうのよくあったよー、昔は。スモーカーだったころはタバコをせびられ、バスの小銭頂戴はわたしもやられた。もちろん1銭もあげなかったけど。若いんだから歩いて帰れやー!!こんなちっさい町端から端まで歩いても1日じゃー!! 若者はちょっと信用でけん・・・。残念だけど・・・。
でもその商品券、私ほしいなー。
あ、いいこと思いついたぞ。 その商品券で若者に払ってもらってから、「あ、私いつもカードで払ってるから現金ないんだった、あとでお金送るから住所おしえておいてー」といって去る。 どうじゃ!?
  • 2011-11-15│22:04 |
  • OOOD URL│
  • [edit]
クレラルン さん
そう!その気になるのが嫌な感じなんですよねー。
ワタシ即決は苦手なタイプなので、余計困ります~。
  • 2011-11-16│19:55 |
  • なると URL│
  • [edit]
えー、そんな人いるの?商品券なんて、めちゃくちゃうさんくさいよー。私もNOって絶対言うよ。 でも子供の件は。。。ニュージーの子供はほんとにお金持ってないから、まあ$2くらいだったらあげてたねえ。最近は聞かれなくなったけど。 でもティーンネージャーにはあげない!
  • 2011-11-16│20:04 |
  • aya URL│
  • [edit]
ふふふ、もちもちちゃんかな?
その人いい人で良かっただすなー。とりあえず1000円は帰って来ないつもりで渡すしかないもんね。
テレホン・カード付きってのが素敵な気遣いじゃば~。
世の中そういう純粋な人ばっかりだとどんなにいいか。
海外だと日本人はカモだと思われがちだしねー。
  • 2011-11-16│20:05 |
  • なると URL│
  • [edit]
OOODっち
ワタシもイギリスにいた時、タバコあげちゃってたよ。若かった。
ライターは貸したら絶対に催促しないと返してくれないんだよね。大人になって催促の出来る人になったぞよ。

お金はレジでキャッシュ・アウト出来るけん、その手は使えないずらで~。
  • 2011-11-16│20:09 |
  • なると URL│
  • [edit]
ayaちゃん
この若者、ちょいとかわいこちゃんタイプだったので罪悪感倍増だよ(笑)。
ここではお金を欲しがる人には子供たりとも要注意だね。
優しさを逆手にとる悪い子が多すぎだっちゃ。
  • 2011-11-16│20:17 |
  • なると URL│
  • [edit]
EFTPOS
じゃなくて、私のクレジットカードはキャッシュアウトできないやつなのでー、それでOK!人をだまそうとするやつは、同じ手で痛い目見るのが一番だすー!
  • 2011-11-18│20:20 |
  • OOOD URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

最新トラックバック

いらっしゃいませ~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード