fc2ブログ

ゴブレット作りまくり

ファーネス(窯)には週一でガラスの素をくべます。

毎週土曜日。

 

なななんと、先週末、また同じ工程でファーネスに不具合が発生してもうた。 

ホンっとに心臓に悪いっス。

嫌な汗出ます。

中には、くべたガラスが満タンに入っていたので

なんとか出来なかったら高確率で中のポットが割れそう…

 

深夜だからМ君に助言を乞う訳にもいかず、

どうしたら正常に戻るか必死に考えましたぜ。

甘えるな、なると☆ 自分の経験値で考えるのだっ。


 

不具合から3時間後、

無事解決出来ましたーーーっ。

 

 

なぜ不具合が起こるかは分かったのですが、

なんで起こるようになっちゃったのかは推測の域を出ません。

でもいつも同じ工程で起こるので、

昨日は(本日日曜日)違うやり方をしてみました。

もー不具合でドキドキするのは嫌ばい。

寝不足になるのも嫌たい。

ガラスの状態は明日にならないと確認出来ないけど、

臨機応変にやってくつもりダス~。

 


 
 
私は一年に一回しかガラスを吹かないので、
マシーンの様に働いて
まずは既存のデザインの在庫を溜めてマス。
今回は新しいデザインも作りたいので、
その時間をつくる意味でもテキパキ作業しなくてはなのです。
 
吹きガラスって大抵アシスタントと一緒に作るものなのですが、
私は1人で作業してるので集中してないと失敗しやすい。
タイミングがずれると部分的に温度差が出来て割れちゃったりするんです。
だからなるべくフォーカスしていたいトコロなんだけど、
同じ物を続けて作っていると集中力って途切れちゃうんですよねー。
 
 
ガラスに息を吹き入れながら
「星の呼吸 壱の型 宵の明星!」
とか妄想し出しちゃったりしてヤバいっス(笑)
 
 
作り終えた物は徐冷機に入れて一晩かけてゆっくりと冷まします。
 
 
 
徐冷機の中は約500℃
 
翌朝、冷めた状態。
 
Party Goblet
 
 
 
妄想予防に、音楽じゃなくてお笑いを聞きながら作業してみたら結構いい感じかも。
音楽だと妄想に加速がついちゃうのだ。ははは


 

 
今年の冬はむちゃくちゃ寒いです。
ソウズラ君は暖かい工房で寛ぐのが日課になってマス。
 
 
 
いつも定位置の箱の中。
  
 
 
仕事が終わると作業ベンチに乗って甘えたさんアピール 
 
 
 
撫でて欲しいにゃん 
 
 
 
作業中は邪魔になるのでベンチに乗りたそうにしてても
 
「ダメよ」
 
って言うと諦めてくれるんですよー。
お利口さん。
ネコって絶対言葉が通じると思うな。
 
 
 
 
 
 
 

 
スポンサーサイト



危うく引退の危機☆

宙吹きガラスを再開してから早一週間経ちました。

イチローの入院だったり、BJの旅立ちだったりと

しょぼぼぼんとする事が多くて気落ちしてた気分が一変。

やっぱり好きな事をするって大切だなー。

 
 
 
マーケット用のシンプルな花瓶
 
 
 
ブログでいつも説明してるんですが、
ファーネス(窯)に点火する時は
時間をかけて少しづつ温度を上げていきます。
 
作業が始まると約1300℃弱まで温度をあげますので
慎重に温度をあげないと中でガラスを溜めておくポットが割れてしまうんです。
 
 
 
ファーネスは灼熱の金星みたい。金星硝子工房の名前の由来です。
 
 
 
10数年前に材料をリサイクルしながら
自分で作り替えたファーネス。
これが使えなくなっちゃったらもうリサイクルは出来ないので
一から作り直しになっちゃいます。
 
製作費も莫大なのに加え
作り替える体力気力はもうないので、
その時は引退だなと思っているんです。
クライストチャーチに宙吹きガラス工房はうちだけなんで、
貸し工房に行くには北島まで行かないといけない現状ダス。
 
 
で、
今回一番最初にガラスの素をファーネスで溶かしていた日の深夜
(ガラスの素も一日に数回に分けてくべます。最後の工程が終了するのが深夜12時)
 
ファーネスにトラブルが  ‼
 
なんとか直したものの、イマイチ信用ならない感じ。
炎が安定しないと一大事なので結構遅くまで工房で様子をみてました。
 
翌日はイチローを銀行に連れてく用事があったので、
ちょっと不安だったけど外出。
イチローにアドバイスを求めるも、もう色々と忘れてしまっているのよね。
脳の病気だからしょうがない。
そして帰って来て急いで工房に行くと、
音が変なのデス。
あーやっぱり直ってなかったと応急処置をして、
色々原因を追究してみるものの分からない。
でもって頼みの綱の助っ人М君に連絡しました。
 
М君は本業は溶接工なのですが、
仕事にしてないだけで宙吹きガラスに精通している物知りさん。
私の応急処置は正しいけど、電話だと分かり辛いからと夜に見に来てくれました。
二人で色々と探ってみるけど上手くいかない。
М君ちの方が道具が充実しているので、
部品を取り外して自宅で解体して原因究明してくれる事となりました。
 
 
 
作業中、М君から知り合いの同業者が最近自宅工房を売って
吹きガラス稼業から引退したって話を聞く。
彼は全然未練もなくハッピーにセミリタイアしてるそうな。
以前、彼も機材トラブルで大変な思いをしていたし、
宙吹きガラスのビジネスはとにかく気苦労が多い。
 
私は思わず共感してしまい
 
「私もこれが直らなかったら引退だよ。彼の気持ちはなんか分かるわぁ」
と自暴自棄的弱音を吐いていました(笑)
 
ガラスを吹くだけなら一生楽しむ自信はあるけど、
工房の運営は全てが大掛かりなので
体力気力の労費がハンパないのだ。
しかも材料・道具の殆どを輸入に頼らないといけないし。
 
若い頃は充実したチャレンジに思えていた大変さも
熟女になった今は、心臓に悪いっちゃw
 
 
 
部品を取り外してもファーネスは稼働させ続けなければ
急激に冷えてポットが割れてしまいます。
ある程度の温度を保たないといけない。
М君に解決を託し、私はファーネスの温度を保つように努力。
  
このままファーネスが直らなかったら、ガラス吹けまへん。
在庫無いから売るもんないワ。
ストレスが重なり過ぎると人って考える事を放棄するもんなんだな。
この日の夜は、ひたすら猫らを撫でて過ごしました。ほげぇ~


 
 
……翌日。
 
部品を解体したものの、原因についてはハッキリ分からなかったというМ君。
でも改良して持って来てくれました。
そして…
 
 
無事直りましたーーーーっ (≧▽≦)
 
 
引退免れた。
М君には感謝しかない。
 
ファーネスが壊れるのが先か、
私の身体が限界を迎えるのが先か、
少しでも長く続けられる様にどちらも労わらないとですな。
でも引退後の身の振り方もちょびっと考えちゃったヨ。
お年頃だし、そろそろ考え始めてもいいのかもね~。
いつの日か吹きガラスは仕事ではなく趣味にするのも悪くないかもダスな。
 

ともかくめでたく吹きガラス再開。
機材に関する心配が無くなったので、
リラックスして楽しんでマスよ。
宙吹きガラスと出会えて良かったな。
好きだから頑張れてます。 
 
 
 
 
 
 
庭で落ち葉拾いについて来たボーイズ。
 
私の作業に付き合わずにニャルソック開始。
 
 
 
ゲートのペンキ塗り直さないとデスね(;^_^A 
 
 
 
見るのはいいけど、そこから出ちゃダメよっ
 
 
 
ちび太:分かってるにゃん。知らない人が歩いてるから怖いけど見たいにょだ。
 
 
 
ちび太もソウズラもビビリなので出て行きません。
 
さぁ、寒いからお家戻ろー。
暖炉点けてあげるよ~。

 
 
 
 
 
 
 

 

プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

月別アーカイブ

インスタグラム


instagram


いらっしゃいませ~

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード