リラックス~

我が家の末っ子ちび太君。

なかなか他の子達と仲良くなれずにいるので未だキャット・ドアを使って自ら外に出ることが出来ません。
(ここクライストチャーチでは、外出自由で猫を飼うのが一般的です)

でも暖かくなったので外に出たいみたいだから、朝はいつもイチローが外に出してあげてるんだす。
前まで裏の小川の遊歩道に行っていたのだけど
先週は朝からワタシの仕事が終わるまで、ずーっと工房で過ごしてました。

ワタシとしては側にいてくれた方が安心するから
この調子で工房に居て欲し~。



chibita

chibita



工房の中は猫が好きそうなごちゃっとした空間がたくさんあるし
隠れる場所もあるので、ちび太はかなりリラックスしてるぞ。

他の猫たちも来るから、何気に社交も出来て一石二鳥。

ワタシもイチローもちび太を他の子達と打ち解けられるように気を使っているので
少~しづつではありますが、距離は縮まっているかも。



chibita
お婆ちゃん猫じたばたの事は怖がってないデスネ~



ちび太が一番怖がってるのはBJなのですが



cats
BJにゃり。



工房でのリラックス効果なのか…



chibita



このちび太の視線の先にBJがいるのに
ちょこっと警戒はしてるものの
リラックス体制を崩してないのですらっ!


いつもはちび太がBJを見かけるとすぐにシャーシャー言って、
「腹立つねん、このチビ」って感じでBJが攻撃を仕掛けてるんだっちゃ。



いやー工房マジックですな。


なんだか平和。


ちび太がリラックスしてるとBJもいじめる気をなくすのでしょーかね。
ホント、少しづつでいいから皆と仲良くなってケレ~。


chibita

スポンサーサイト

ショッピング・チャンネル

ステンドグラス屋さんのお友達が、スカイTV のショッピング・チャンネルに出ることになったべさ。


彼女のお店で扱っているティファニー・ランプに加えて
うちらの作品も紹介したいって言うので
Kちゃんがリテイラーって事での紹介ならば良いよってオッケーしました。


ショッピング・チャンネルという媒体を自分達で使うことは絶対ないと思うのだ。
ギャラリーに作品卸してる手前、
あまりコマーシャルな戦略はマイナス効果を生んだりするんだっちゃよ。


Kちゃん自身ステンドグラス作家さんなので、
ステンドグラスと一緒に紹介されるのであれば手作り感が失われないだろうし、
私達が直接広告打つわけじゃないから
そんな神経質になる必要はないね~って事で、逆に友のテレビ出演を楽しみにしておりました。


彼女の出演する回は、

「Kick Start Canterbury」

っていうタイトルで、地震後のカンタベリー地方のビジネスを支援する目的らしいデヨ。




shopping



さてさて、オンエアは今日だったのじゃ。
さすがKちゃん、テレビ写りばっちりばい♪

彼女は以前うちで販売のアルバイトしてくれてた事があるので、
とても営業が上手なのは知っているから安心して見てられたずらヨ。

ティファニー・ランプの紹介の後に、私達の作品を3種類紹介してくれました。



shopping



テレビで自分の作品みるのってなんだか感慨深いわぁ。


果たしてどれくらいの人がショッピング・チャンネル見てるんだろね?
実は彼女が紹介してた亀さんのティファニー・ライトがとってもかわいくて
ワタクシ欲しくなってしまいました(笑)。



shopping
亀さんチャチャチャ、亀さんチャチャチャ



ショッピングチャンネルだからって、ワタシが釣られてどーする。

でも欲しいなー。
物々交換してくれないかなー。

観葉植物

我が家には死角がある。


ってゆーと大袈裟なんだけどw、居間に殆ど使ってない一角があるのだす。


リノベーションの途中で地震が来ちゃったデショ
その死角というのは、まさにリノベーション途中だったスカイライトのエリア
とにかく修理が始まらないとどうしようもないからほっときっぱなしなのだっちゃ。


この辺はダメージも多く、壁の亀裂から外が見えるくらいなんだすが…

あれれ

気付きませんでした


plant
(笑)


蔦の雑草が~(椅子の埃もすごいね)


友達んちは天井の亀裂からキノコが生えて来てて大笑いしたけど、
我が家にもこんな風流な物が。うぷぷ。

面白いのでちょっと放置してみました。


plant
約1週間前

plant
現在


日当たり悪い部屋の割には成長が早い!さすが雑草ですな。

この雑草、朝顔みたいな白い花が咲くんだす。
花が咲くかどうかこのまま観察を続けたいと思います。

庭に生えてると、とっても迷惑な雑草なんだけどね
家の中だと観賞用みたい。

籐の椅子によく合うわぁ~。だはは~。

天才ニギ

「動物の言葉が理解出来たらナー」

って動物好きな人は夢みたりしませんか?

ワタシはしょっちゅう(笑)。

ザンネンナガラ、表情や声のトーンからどんな事考えてるのかを予想するくらいしか出来ないんですけど
どうやらうちのジンジャー・キャットのニギには
人間の言葉が理解出来るかもかもしれないのでしっ。



nigi
わちきが“ニギヤカ”ニギだす



先日営業部長のニギが工房でうろちょろしてました。

どうやら虫を発見したようで、ちょちょちょいとちょっかい出していたんだけど
ワタシは作業中だったからあまり気に留めてなかったんだす。
そしたら

がちゃーっん!

ってガラスが落ちる音がしたので慌ててディスプレイ・テーブルの方を振り返ると
窓枠の上にとまってる虫を採ろうと
二ギはディスプレイ・スタンドの上に乗っかっているではないですかい。




work
ニギはこないだ作ったタンブラーの乗ってるひな壇の一番上に立ってたの、ひょえー



そんなトコで大暴れされたらガラスが割れちゃうよー
慌てて怒る。

「Get off!」「ダメー!!」「Noooooooo!」

なにせ作品作ってる途中だったから
すぐにニギを止めに行けない。
だもんで二ギが虫めがけて動きだしそうな一歩前に

「のぉーーーーーーっ!!」「ダメーーーーーー!」

って注意してたら本人(猫)も

「あれ、虫採っちゃダメって言ってる?」

と理解しだしたようなのだす。
ともかく置物を一個落としちゃったので
悪い事しちゃったっていう自覚はしっかりもってたと思う。


でも誘惑にはなかなか勝てないようで、ワタシの目を盗んでは
襲撃のチャンスを狙ってるみたいな様子でした。


やっとワタシも一段落着いて、15秒くらいなら作品放置しても大丈夫な段階になったので早速ニギの方へ近づいて

「Come here」って言いながら指をくいっくいっと動かしておいでおいでしたらば

ひな壇の上でもぞもぞしてた二ギは、ワタシの言う事聞いて降りて来てくれました。


うひょーっ!


彼女の表情がね、ちぇーっつまんないのぉって顔してたのじゃ。
遊びたいのにダメと言われたニギ。ワタシの意思を尊重して降りて来てくれたんだよ~。
偉すぎだべし(猫なのに)。


ニギは上の写真のポジションでそわそわしてる。
まだ虫に心残りがありそうな…

しばらくするとまたゴソゴソ音がするので見てみると
今度は徐冷機の横の隙間に行こうとしているではないですかい。

なのでまた

「No」

って言ったらば今回はすんなり引き下がる。

やっと作品完成出来たので
ニギに

「あそこには割れたら困るガラスがたくさんあるんだから乗っちゃダメなんだよ」
「でも言う事聞いてくれてありがとう。ホンマええ子やわぁ~」

と英語で説明して(英語の方が理解してくれるみたいなのだ)なでなでいっぱいしてあげたらば
その後はそわそわする事は一切なく、おりこうさんにぐーすか眠り始めますた。



cats
おりこうさん





あまりの聞き分けの良さにワタシ感激☆
ワタシの言った事を理解してくれたみたいな反応に、もう夢心地ですばい。




この二日後



ニギはうちらのベッドで一緒に寝る時、間違いなく翌朝5時くらいに腹減ったアピールを始めるんです。

何をするかと言うと、ベッドサイドテーブルに置いてあるライトを落とそうとしたり
ティッシュで遊ぼうとしたり、ベッドの側に置いてある布製のスーツケースで爪とぎしようとしたり…
嫌がらせする事によってワタシを起き上がらせようという作戦なのじゃ。

ワタシはというと、眠くて眠くてしょうがないから起き上がれない(笑)。
半分眠りながらライトを手で押さえるのが精一杯なのだ。

それにしてもいつも疑問なんだけど、なぜかニギも他の子も
イチローじゃなくて私を起こすんだよな。なんでじゃ?

…ともかくあまりの睡魔の為、何も出来ないので英語で言いました。



「ニギ、ごめんよ、おいら眠すぎて何も出来まへん。このまま寝かせて欲しいから、もうちょっと待っててケロ」



さて、ニギはどうしたと思いまっか?


なんとその後、ぴったり嫌がらせをやめて大人しくベッドの上に戻って来た。
そんで一時間後に再び嫌がらせを再開。


まさにワタシが伝えた通りの行動だべさ
オラ本当にたまげただ。



ニギ天才。

人間の言葉を理解するスーパー・キャットじゃ~

Orton Bradly Park

そうそう、そういや2週間ほど前に歩き隊が復活したのであった。

行き先は Orton Bradly Parkだすよ♪


さすがに入場料を取るだけあって、整備された道は歩きやすく
道しるべもあるから迷子になる心配も無し蔵君です。


冬はぜんぜん歩いてなかったからね、復活初日にふさわしい場所だべさ。
いろいろあるコースの中から往復3時間くらいのを選ぶ。
目的地には滝があるぞよっ♪



walking
入り江の向こうはリトルトン・ハーバー



途中羊さんとか牛さんとかとめっちゃ遭遇しました。
なんで写真撮らなかったんだろう(反省)。
ここの家畜の皆さんは、とても人馴れしてる様で近くを通ってもぜんぜん怒られなかったヨ(でも驚かさないように静かに歩きまショー)


行きは坂道続きですが、道が整備されてるからそんなにキツクないなーっと思っていたらば
滝に向かう坂道で目が点に。

これぞ山登り!的な傾斜(45度くらいじゃないかいな)
ぶひーっ!!!
やっぱり簡単に歩ける山なんて存在しないのね。
がんばって登りきったものの熟女の足腰はもう虫の息だす。


…でも



walking



walking



マイナス・イオンで復活(笑)。


滝を見ながらのランチはそれはそれはおいしゅうございました。
気の利かないワタシはおにぎりしか持って行かなかったけど、
AちゃんもKちゃんもおかずをシェアしてくれてオラ感激だぁ。



行きも辛かったが
帰りも辛い。

傾斜のキツイ下り坂で、すっかりヒザがやられてしもうた。

実は左のヒップ・ジョイントに弱点があるワタクシ、
そこに通る神経に負担がかかると膝にくるんだす。あうー。

ってな訳で帰りのワタシはよぼよぼだす。



walking
これすごくね?木が岩を砕いて成長してまふ




最後の力を振り絞って登った“ビッグ・ロック”



walking

walking


もう魂が抜けかけてました(笑)。

滝に行かずにここだけ目指すコースはそんなにきつくないので
20はんにゃらヶ月の赤ちゃんを担いだご夫婦も登って来たデヨ。
奥さんの方は地震が起きたら怖いからと早々に降りて行きましたが、
かえって中途半端に下にいるほうが落石とかで危ないんじゃないかと地震慣れしてる日本人は思ったのであった。


風があまりに気持ち良くってオチリに根が生えそうじゃ。
先を急ごう。



ビッグ・ロック過ぎたらもう平坦な道だす。


オヨっ?!
なんじゃありゃ。



walking
どらえもんはどこ~?



なぜこんな所に“どこでもドア”が???



そんな便利なものがあったら使わない手はないべさ。
ちょいと借りるデヨ、どらえもん♪



ぴろり~ん



walking



辿り付いた先は She Chocolate 、チョコレート専門店だす。

私達の歩きの〆はいつも美味しいものと決まっているからのう☆



walking

walking

walking
なんで右側こんなに空けてるんだろー



けっこう激甘でしたが、甘いもの好きにはたまらない感じ。
景色もいいしお店の人はフレンドリーだし、とてもすてきなカフェでしたよ。
イチローは絶対気に入りそう。




ワタシに膝という課題を残した歩き隊復活初日。
いつかはトランピングにと夢みてつけたカテゴリー・タイトルだけど
ウォーキングのまま終わりそうな気が…

グルコサミンのサプリ飲まなくてはっ(笑)。

ちび太クンと一緒

雪の日 以来ほぼ完全室内猫になっていたちび太。
(ここ昭和の香り漂うクライストチャーチでは、外出自由で猫を飼うのが一般的デス)

すっかり春っぽくなって、最近では毎日外出する様になりました。
行き先は裏の小川のほとりの遊歩道なので
晩御飯の時間になるとイチローが呼びに行くという日課が戻って来たずら。

おもいっきり外で走り回ってお日様の光あびて
猫草食って虫と遊ぶのは体にいい事なんだろーなーなんて思うので
天気のいい日は外に出た方が良いべさ~。


でも天気の悪い日とガイフォークスの日(皆こぞって花火で遊ぶ日)は外出禁止ばい。







今日は春の嵐。
雨風激しく冬並みに寒いっちゃ。


だもんでちび太は外出禁止でヤンス。


ちび太もお出かけする気はゼロらしく、お部屋でまったりしてました。


ワタシはというと、ゆとり期間とは裏腹に全くゆとりのない毎日(笑)。
週末はオフィスワークがてんこ盛りざんすよ~。

ちび太のお部屋はオフィスなので、今日は一日中チビと一緒に過ごせるな


まずはお水をあげる。



cats
ごくごくごく♪



ちび太は自分でお水をなかなか飲まないんだす。
水の入った入れ物置いておいても、すぐに水遊びしちゃって
入れ物ひっくり返しちゃうので置き水が出来まへん。

だもんでワタシかイチローが給水係り。

世話が焼けるのう。デレデレ



そしてワタシが仕事を始めると



cats
遊ぶにゃ~


もれなく邪魔邪魔虫に変身だもんね。

君は本当に甘え上手じゃのう。
仕事がぜんぜん進まないよー。

ま、これは猫飼いの宿命と諦めイチャイチャに専念。うほほ

でも週末くらいしかゆっくりと相手してあげられないので
思いっきり甘えてくれたまえよ。



cats
もっといちゃいちゃするにゃっ



しょうがないなぁ~なんぞと言いつつ、
しっかり癒されてしまったワタシであった
仕事はチビが寝てる間にやるからいいんだもんっ。

17人いる!

すっかり忘れていた頃に、お得意さんから確認のメールが届きました。



「お宅の工房に訪問する件、大丈夫ですか?」



こちらのお得意さん、定期的に駐在さんを視察旅行にお連れしてる様なんだす。
旦那様にとってはビジネストリップなんですが、同行の奥様達は純粋な慰安旅行ってなわけで
その奥様達をうちの工房でエンターテインメント出来ないもんかというお願いだったんですばい。

以前5年前くらいに訪問して頂いた事があるんですけど
その時は賃貸してた工房で、スペースも今の4倍くらいあったのだ。

お得意さんには今の工房はマジ狭いでっせと伝えた後に連絡が来ずだったので、
てっきり気が変わったんだと思い込んで、すっかり忘れてしまっていました。


うちの工房はワークショップであってオープン・スタジオじゃないから、
通常一般の見学はお断りしているのです。
だもんで、ほんとに人をお招きするような素敵な空間じゃーなかったのよぅ。

せめて出来るだけ綺麗に整理整頓しなくっちゃだべさ。
ワタシは自他共に認める“片付けられない女”なので
むっちゃ気合を入れて掃除したデヨ。


がんばった結果がコレ。



work
やっぱ狭いのう


work
ディスプレイもがんまりました


それにしても一番の不安は
本当に17人も入れるのか?ここに。




そして当日。



入れました。

17人。


ブラボー 


自宅勤務で普段引きこもりの様な生活を送っているワタシに
突然17人もの刺客(?)が舞い降りた。
大丈夫なのか?!

皆それぞれおしゃべりを始めたので、

「はいはーい皆さ~ん、ファーネスの中の写真撮りたい人いますかぁ~?」

と、皆の気を惹いてワタシのペースに持っていったゾ。よっしゃ、掴みオッケー。


色々と質問に答えていたらばイチローからSOS。

「スマヌなると、オレッチ手が震えてラッピングが出来ないので変わって」

当初の予定では、イチローがショッピング担当で
ワタシがデモンストレーション担当だったのだす。
この日イチロー運悪く体調悪し。ではおしゃべりは君に任せたとお買い物コーナーへ。


お買い物が済んだらデモンストレーション・タイム。


皆さんを危なくない場所に誘導して、15分くらいで作れるボウルを作りました。
作り終わったら歓声と共に写真撮影。
なんだかちょっぴりセレブ気分じゃば
こういうのもたまにはイイネ。

そしてその後「あなたのデモンストレーション見たらば買わずにはいられなくなっちゃった」
ってお客さんが再びショッピングして下さいました。
これはかなり嬉か~。


そして17人は去っていったのであった。


いやはや、一安心だす。
ワタシ、人と話すのは嫌いじゃないんだけど何せ失言体質なもんで
余計な事言ってしまうんでないかとドキドキしてたんですけど
イチロー曰く、とってもプロフェッショナルに振舞っていたそうでこれまた一安心。



お客様は各国からの駐在さん達なので、色々なお国がらが感じられてお話していて楽しかったデス。
ただ一人を除いて…

この一人っていうのは、けちんぼで有名なヨーロッパの某国の方なのですが
とにかく値切りがすごくてすごくて…
幸いにして(?)彼女の欲しかった作品のサイズがなかった為(在庫にはあったんだけど底削りをしてない状態だった)そのままお帰りになったのですがね、
午後に電話があり、底を削って滞在先のモーテルまで夜に配達して欲しいとの事。

作品を気に入っていただけたのは嬉しい事なので、イチローと二人で配達に伺いました。


でも…でも…ワタシの嫌な予感は的中。


ここでも激しい値切りが炸裂。しかも今回は旦那様も一緒。
彼らがお得意様のゲストじゃなかったら絶対に


「もう買わなくていいです」


って言ってるトコだよ(涙)。

「ワタシはマシーンじゃないので、安値で提供しての大量生産は出来ないのです。」

って言っても値切りは止まず。仕舞いには

「大量生産しなきゃいけなくなったら私の筋肉は壊れてしまいます。」

って言って初めて旦那様の方が妥協してくれた。ぜーぜーっ
こんなヒドイ値切りにあったのは始めてじゃ。



しかもこんなに作り手をアンハッピーにした挙句に

「ワタシはアーティストと一緒に写真とるのが好きなの」

って事で記念撮影をお願いされました。

あんな意地悪されて笑えるかってのっと心の中で思ってましたが
がんばって笑顔作りましたヨ。とほほ



せっかく一生懸命がんばった一日の充実感が台無しになりそうだったので
そのまま帰りはお気に入りの KINJI で寿司食って帰りました。

美味しいもの食べて気分転換。


引きこもりには充分すぎる社交の一日でごんした。
ふぅ~。


cats


営業部長のニギもお疲れ

始まり始まり~

お仕事第一週目はいつもウォーミングアップ的な小さい物から作り始めます。



work



前回の写真とは裏腹に
ファーネスはあっつ熱の1150度だす☆



work



クライストチャーチに春はやってきましたが、
まだそんなに暑くないので快適に仕事は始まりましたヨ。



work



気温が暑くないと純粋に楽しんで仕事が出来るので超ハッピーだす。
吹きガラスってむっちゃ楽しいずら。
難しい作業だから、毎回自分が成長してるのが実感出来るトコロもやりがいありますなぁ。

前回冬の吹きでは自宅用の猫皿やら花瓶やら作ってたのですが
今回はまじめに新作を作ったばい。

タンブラーだす。



work
気にいったべか?ソウズラ君



アシッドで磨りガラス加工にしてみますた。
今日早速ギャラリーに卸して来たよ~。
ギャラリーはあんまり実用品を好まないので人気が出るかどうかは微妙だけど
フィンガーズ・クロスぢゃっ!
新作作るといつもどきどきですたい。



cats
ニギ、ニギ、ちゃちゃちゃ♪ ちょっと不機嫌ズラ?



工房の片隅にかわいこちゃんが和んでるとこれまたいい感じ。
箱とか机の上に居てくれると、危なくないし邪魔にもならないからパーフェクトだべさ。
この調子でチア・リーディングお願いしますよー


おちり

実働が始まると、やっぱりPCの明かりが目にしみますなぁ。

いつもサングラスをかけてガラスを吹いてるんですが、
それでも高熱の炎を一日見てると目がすごい疲れマス。


そんな時の目の保養。



cats
ニギの


猫ちんのおちり~


我が家の毛もじゃの中で一番の美尻は誰だろう?

やっぱりもふもふってるのが私好み。



cats
BJの



BJのおちりは赤ちゃんのおちり並みにかわいいと思うんですけど
やっぱり親バカですかねー。



cats
ソウズラの



みんなの写真撮りたかったんですが
後ろの写真撮るのって結構難しいべさ。
ジタバタには怒られた(笑)。


尻だけで終わるのはなんなんで、かわゆいニギのお顔もどうぞ



cats
ニギ~



今度は腹写真のコンクールしようかなんなん♪

プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

最新トラックバック

いらっしゃいませ~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード